日本学術会議新規会員の任命拒否に関する声明

 日本学術会議の第25期・第26期会員候補者として推薦されていた六人の研究者が、任命権者である内閣総理大臣により任命されないという、異例の事態となりました。本研究所役員一同として、日本学術会議が10月2日に発出した要望書(注)の通り、拒否の理由が開示されること、および上記六人が日本学術会議の推薦に基づき速やかに同会議会員に任命されることを、要望します。

日独文化研究所役員一同
(注・http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/kanji/pdf25/siryo301-youbou.pdf を参照)

学術会議の問題は、本研究所にも特に関係する点があります。これに関しては、以下の「所長メッセージ」をご覧ください。こちらをクリック

相談・通報

研究不正に関するご相談・通報について

 公益財団法人日独文化研究所では、研究不正の防止及び早期発見のため、研究不正に関する相談・通報窓口を設けています。

 「研究不正に関する相談・通報窓口」は、どなたでもご利用いただけます

 本法人の研究活動について、不正の疑いを発見された場合には、以下の相談・通報窓口までご連絡ください

 相談や通報をされた方に関する情報は調査等に必要な範囲でのみ使用し、そのプライバシーを保護し、その他の目的では一切使用いたしません。また、相談・通報などの内容、調査過程で取得した情報および個人情報についても秘密を厳守し、外部に開示いたしません

 お寄せいただいた相談や通報などは、適正に取り扱い、適法かつ公益的な法人運営を遂行するため、誠実に対応いたします。

 相談や通報をいただいたことを理由として、通報された方に対して不利益な取り扱いをすることは一切ありません。ただし、虚偽の通報、他人を誹謗中傷するための通報、その他不正な目的での通報の場合は、この限りではありません。

通報等にあたってのお願い

 原則として実名での相談・通報をお願いいたします。

 特にご希望があれば匿名での相談・通報もお受けいたしますが、その場合には、証拠資料の提出等が十分でなければ、事実確認ができなくなるなど調査に支障をきたすおそれがあるとともに、是正措置にも限界があること、更には、調査結果や再発防止策等の回答等が行えない場合があることなどをご承知ください。

 相談・通報などは、以下に記載する通報窓口まで、電子メール、電話、FAX、書面等にてお寄せ下さい

ご相談・通報窓口

【電子メール】
(代表)
公益財団法人日独文化研究所 法人倫理ヘルプライン(事務局長・丹羽結花)
メールアドレス helpline*nichidokubunka.or.jp
(ご利用の際には、*の部分を@に変えて下さい)

(研究不正に関するご相談・通報)
公益財団法人日独文化研究所 法人倫理ヘルプライン(事務局長・丹羽結花)
メールアドレス helpline*nichidokubunka.or.jp
(ご利用の際には、*の部分を@に変えて下さい)

(理事・評議員による不正の通報)
公益財団法人日独文化研究所 公的研究費監査担当者(監事・高山佳奈子)
メールアドレス audit*nichidokubunka.or.jp
(ご利用の際には、*の部分を@に変えて下さい)

(科研費(科学研究費補助金)についての相談・通報)
公益財団法人日独文化研究所 経費管理担当者(申請・樽田勇樹)
メールアドレス kakenhi*nichidokubunka.or.jp
(ご利用の際には、*の部分を@に変えて下さい)

【電話】
075-771-5200
(火曜日~木曜日のみ対応)

【FAX】
075-771-5242

【郵送】
〒606-8305
京都府京都市左京区吉田河原町19番地3
公益財団法人日独文化研究所